税金手続き

税金控除の申請方法は2つあります

税金の控除を受けるためには、控除の申請を行う必要があります。
申請は、通常「確定申告」で行いますが、条件を満たしていれば「ワンストップ特例制度」を利用することができます。
それぞれの特徴は以下のとおりです。
ワンストップ特例制度 確定申告
概要 確定申告をせずに、ふるさと納税による寄付金控除を受けることができる便利な制度
対象者 ・ふるさと納税以外の確定申告が不要な方
・1年間(1月1日~12月31日)でふるさと納税の寄付先が5自治体以内の方
・どなたでも利用可能
※ふるさと納税の有無に関わらず確定申告が必要な方は、ワンストップ特例制度をご利用いただけません。
控除の対象 ・控除額の全額が翌年度の住民税から控除されます。 ・所得税分は寄付を行った年の所得税から控除(還付)されます。
・住民税分は翌年度の住民税から控除されます。
メリット ・確定申告を行わなくても、控除を受けることができる ・複数の自治体に寄付していても、1度で控除の手続きを行うことができる
デメリット ・寄付の回数だけ申請が必要なため、5自治体以内でも回数が多い場合は、手続きが大変な場合がある
・年の途中で引っ越しをした場合、寄付をした自治体へ変更届け出書を提出する必要がある
・「源泉徴収書」や「受領証明書」をそろえる必要がある
・確定申告の書類を作成し、税務署に提出する必要がある

ワンストップ特例制度の申請の流れ

確定申告の流れ

  • 寄付する自治体を選ぶ
  • 寄付先の自治体から「寄付金受領証明書」を受け取る
  • 確定申告の申告書を作成し、税務署に提出する
  • 所得税と住民税から一定の控除を受ける