ご利用の流れ

ご利用の流れ

ワンストップ特例制度を利用する場合

ワンストップ特例とは、確定申告をせずに、ふるさと納税による寄付金控除を受けることができる便利な制度です。
※給与所得者など確定申告が不要な方で、年間の寄付先が5自治体以下の方に限ります

① 寄付をする自治体と返礼品を選ぶ
寄付をする自治体、返礼品を選んでください。
地域が誇る産品のほか、自治体自慢の食材を有名レストランで味わうことのできる、 ルクサでしか体験できない返礼品もご用意しています。

② 寄付を申し込む
寄付を行う自治体と返礼品を選んだら、お届け先などの情報を入力し、 寄付を申込します。
※ワンストップ特例を希望する場合は、チェック欄に必ずチェックを入れてください。

③ 返礼品を受け取る
返礼品は申込した自治体から届きます。
返礼品で食事券を選んだ方は対象の日にレストランへ直接ご来店ください。
※返礼品は提供元業者から届く場合もございます。

④ ワンストップ特例申請書の送付
申請書に必要事項を記載し、ふるさと納税を行った自治体に送付してください。 申請書は多くの場合、寄付先の自治体から「寄付金受領証明書」とともに郵送されます。

⑤ 税金の控除を受ける
確定申告の内容に応じて、住民税から一定の控除を受けることができます。

確定申告をする場合

① 寄付をする自治体と返礼品を選ぶ
寄付をする自治体、返礼品を選んでください。
地域が誇る産品のほか、自治体自慢の食材を有名レストランで味わう、 ルクサでしか体験できない返礼品もご用意しています。

② 寄付を申し込む
寄付を行う自治体と返礼品を選んだら、お届け先などの情報を入力し、 寄付を申込します。

③ 返礼品を受け取る
返礼品は申込した自治体から届きます。
返礼品で食事券を選んだ方は指定の日にレストランへ直接ご来店ください。
※返礼品は提供元業者から届く場合もございます
※自治体から届く寄付の証明書は確定申告時に必要となります。

④ 確定申告をする
寄付をした翌年の3月15日までに税務署にて確定申告をします。
申告書の書き方などは、各都道府県の窓口や公式サイトでご確認ください。

⑤ 税金の控除を受ける
確定申告の内容に応じて、所得税と住民税から一定の控除を受けることができます。

控除額シミュレーター

ふるさと納税で控除される金額の目安を、年収と家族構成から計算できるツールです。
寄付金額を検討する際のご参考としてご活用ください。

控除上限の目安について

自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される対象となるかどうかは納税(寄付)される方の年収と家族構成によって違ってきます。
下記で「あなたの年収」と「あなたの家族構成」を選択すると控除対象となる納税額の上限の目安が表示されます(平成27年以降対象)。

あなたの年収
あなたの家族構成
納税額上限の目安
※金額はあくまで目安です。正確な計算については、お住まいの市区町村にお尋ねください。
※中学生以下の子供は控除額に影響がないため、計算に入れる必要はありません。例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。